2019年7月3日水曜日

2019年8月の稽古日程

旭町道場
3日 午後4時00分~5時30分 旭町近隣センター 多目的ホール
10日 午後4時00分~5時30分 旭町近隣センター 多目的ホール
17日 お休み
24日 午後4時00分~5時30分 旭町近隣センター 多目的ホール
31日 午後4時00分~5時30分 旭町近隣センター 多目的ホール

豊四季台道場

3日 午後6時30分~8時30分 豊四季台近隣センター体育館 会議室
10日 午後6時30分~8時30分 豊四季台近隣センター体育館 会議室
17日 お休み
24日 午後6時30分~8時30分 豊四季台近隣センター体育館 会議室
31日 午後6時30分~8時30分 豊四季台近隣センター体育館 会議室

2019年5月25日土曜日

2019年7月の稽古日程

旭町道場
6日 午後4時00分~5時30分 旭町近隣センター 多目的ホール
13日 午後4時00分~5時30分 旭町近隣センター 多目的ホール
20日 午後4時00分~5時30分 旭町近隣センター 多目的ホール
27日 お休み(夏季合宿のため)

豊四季台道場

6日 午後6時30分~8時30分 豊四季台近隣センター体育館 会議室
13日 午後6時30分~8時30分 豊四季台近隣センター体育館 会議室
20日 午後6時30分~8時30分 豊四季台近隣センター体育館 会議室
27日 お休み(夏季合宿のため)


2019年4月20日土曜日

2019年6月の稽古日程

旭町道場
1日 午後4時00分~5時30分 旭町近隣センター 多目的ホール
8日 午後4時00分~5時30分 旭町近隣センター 多目的ホール
15日 午後4時00分~5時30分 旭町近隣センター 多目的ホール
22日 午後4時00分~5時30分 旭町近隣センター 多目的ホール
29日 午後4時00分~5時30分 旭町近隣センター 多目的ホール

豊四季台道場

1日 午後6時30分~8時30分 豊四季台近隣センター体育館 会議室
8日 午後6時30分~8時30分 豊四季台近隣センター体育館 会議室
15日 午後6時30分~8時30分 豊四季台近隣センター体育館 会議室
22日 午後6時30分~8時30分 豊四季台近隣センター体育館 会議室
29日 午後6時30分~8時30分 豊四季台近隣センター体育館 会議室

2019年3月21日木曜日

2019年5月の稽古日程

旭町道場
4日 午後4時00分~5時30分 旭町近隣センター 多目的ホール
11日 午後4時00分~5時30分 旭町近隣センター 多目的ホール
18日 午後4時00分~5時30分 旭町近隣センター 多目的ホール
25日 午後4時00分~5時30分 旭町近隣センター 多目的ホール

豊四季台道場

4日 午後6時30分~8時30分 豊四季台近隣センター体育館 会議室
11日 午後6時30分~8時30分 豊四季台近隣センター体育館 会議室
18日 午後6時30分~8時30分 豊四季台近隣センター体育館 会議室
25日 午後6時30分~8時30分 豊四季台近隣センター体育館 会議室

2019年3月3日日曜日

平成31年4月の稽古日程

旭町道場
6日 午後4時00分~5時30分 旭町近隣センター 多目的ホール
13日 午後4時00分~5時30分 旭町近隣センター 多目的ホール
20日 午後4時00分~5時30分 旭町近隣センター 多目的ホール
27日 午後4時00分~5時30分 旭町近隣センター 多目的ホール

豊四季台道場

6日 午後6時30分~8時30分 豊四季台近隣センター体育館 会議室
13日 午後6時30分~8時30分 豊四季台近隣センター体育館 会議室
20日 午後6時30分~8時30分 豊四季台近隣センター体育館 会議室
27日 午後6時30分~8時30分 豊四季台近隣センター体育館 会議室

2019年1月20日日曜日

平成31年3月の稽古日程

旭町道場
2日 午後4時00分~5時30分 旭町近隣センター 多目的ホール
9日 午後4時00分~5時30分 旭町近隣センター 多目的ホール
16日 午後4時00分~5時30分 旭町近隣センター 多目的ホール
23日 午後4時00分~5時30分 旭町近隣センター 多目的ホール
30日 午後4時00分~5時30分 旭町近隣センター 多目的ホール

豊四季台道場

2日 午後6時30分~8時30分 豊四季台近隣センター体育館 会議室
9日 午後6時30分~8時30分 豊四季台近隣センター体育館 会議室
16日 午後6時30分~8時30分 旭町近隣センター 第三和室
23日 午後6時30分~8時30分 豊四季台近隣センター体育館 会議室
30日 午後6時30分~8時30分 豊四季台近隣センター体育館 会議室

2019年1月1日火曜日

年頭のご挨拶として

稔真門のみなさま,あけましておめでとうございます。稔真門に興味関心をもっていただいている方も,あけましておめでとうございます。

稔真門は,糸東流開祖・摩文仁賢和先生の創始した糸東流空手を継ぐ,二代目宗家・故摩文仁賢榮先生,三代目宗家・摩文仁賢雄先生,そして正修館初代館長・故西田稔先生の教えにこだわりこれを正しく練ることで,宗家糸東流を地道に研究・伝承しています。なお,故西田稔先生は,二代目宗家・賢榮先生の弟子でもあり,かつては,糸洲安恒先生の弟子である修道館・遠山寛賢先生と東恩納寛量先生の弟子である東恩流・許田重発先生の元でも修行をされました。

この宗家糸東流を練る稔真門の空手は,いわゆるオリンピック競技に採用される「スポーツ空手」とは異なり,組手や型の競技は一切行いません

ただひたすら形(型)を練ることで,開祖・摩文仁賢和先生の空手的身体,さらにはそこに脈打つ沖縄の偉大な武人達の身体をじっくりゆっくり再体験し,いつの日か自らもそこに到達することを目指しています。稔真門の考え方については,『空手と禅』(湯川進太郎著)もご参照下さい。



開祖・摩文仁賢和先生は,有名な次の歌を残しています。これこそ,武道家の至る究極の境地であり,まさしく禅の境地です。稔真門は,ひたすら形を練りながら,これを実践しています。

何事も 打ち忘れたり ひたすらに 武の島さして こぐが楽しき

柏(豊四季台,旭町)以外に,都内にも二箇所(赤羽,上野),道場を開いています。詳しくは下記,「稔真門」ウェブサイトを御覧ください。

糸東流空手術稔真門
https://jinshinmon.blogspot.com/

競技(勝敗)にこだわるスポーツ空手はどうも性に合わない,糸東流宗家直系の沖縄伝統空手を自分のペースでじっくりゆっくり練りたい,と言う方は是非,稔真門へ!

いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。

稔真門代表(総師範) 小林真一
師範 湯川進太郎